ビューティージャーナル

Help Me! | プロが教えるお悩み相談
メイクの足し算&引き算がポイント!
「ここぞ」というときの
必勝メイクが知りたい!

Beauty Journal読者のみなさまから寄せられたさまざまなお悩みに
美容のプロがアドバイスします。

  • SHISEIDO HAIR & MAKE UP ARTIST
    西森 由貴Yuki Nishimori

    5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。

Q
仕事で大事なプレゼンを控えていたり、プライベートでは
彼とのデートや友だちとの忘年会など、12月はイベントが目白押し。
「ここぞ」というときのメイクテクニックが知りたいです。
(あかりさん/30歳)
A
「ここぞ」というときのメイクこそ、
欲張らずに“的を絞る”ことを心がけて!
気合が入るときこそ、メイクはやりすぎないことが大切。 “ちょうどいい” メイクのコツは、魅せるポイントを絞り、ほかは抑えてバランスをとること。メイクの足し算と引き算を意識したメイクテクニックをお伝えします。
目もと50%、口もと50%にしてしまうと、どことなくやりすぎ感が出てしまいます。
7:3くらいのボリュームに調整して強調してあげると、やりすぎてないけど印象に残る、
今っぽいメイクになりますよ。
  • 今のアイメイクのトレンドはアイシャドウ。マスカラやアイライナーで強調するよりも、アイシャドウを広く目頭まで塗ることで目もとがポイントに。その分、リップやチークは引き算して血色を感じるくらいに抑えて。

「ここぞ」というときは、目頭側にも広めにアイシャドウをのせて。アイホールから目の丸みの内側にアイシャドウを広めに入れます。食事は向き合うことが多いので、目頭まで入れることで、アイシャドウがしっかり見えて目もとのポイントに。オレンジ系や赤みのあるブラウンなど、くすみがかっている色が今っぽくてデートにもぴったり。
アイライナーやマスカラは…
アイライナーでまつ毛の間を埋めて自然に目力をアップ。マスカラは目のキワを締めるイメージで。

  • 大人の甘さを表現できる
    赤みブラウンでこなれ華やかアイに
    マキアージュ
    ドラマティックスタイリングアイズS <アイシャドウ>
    RD332 ストロベリーティー (4g)
    3,080 (税込)
より強調させる場合にはこちらもおすすめ!
  • パール感をプラスして
    印象的な目もとを演出
    SHISEIDO メーキャップ
    オーラデュウ プリズム 販売名:SHISEIDO オーラデュウ プリズム
    <チーク>
    02 Solar (4.8g)
    3,960 (税込)

目もとに色を使っているので、チークやリップも色を加えてしまうとトゥーマッチ。コーラル系やブラウン系でさりげなく血色を感じるくらいにとどめて引き算を。顔の中心に色みを入れると目立つので、チークは頬骨の下から外側に向けて楕円形に入れて。大きめのブラシでふわっと入れてあげると肌なじみがよくなります。リップは色みを抑えつつ自然な艶感を与えて。

  • ふわっと色づき
    自然な血色感を演出
    ローラ メルシエ
    シマーブロック <フェイスカラー>
    01 ピンクモザイク (6g)
    4,620 (税込)
  • パールの微細な輝きが
    ふっくら立体的な口もとを演出
    マキアージュ
    ドラマティックルージュN <口紅 ・ リップグロス>
    BE771 スタイラーベージュ (2.2g)
    3,080 (税込)
  • 口もとにポイントを置きたいときは、旬のブラウンがかったくすみカラーや深みのあるカラーがおすすめ。輪郭をぼかすようにつければ、トライしたことのない色もつけやすくなりますよ。その分、目もとは色みを押さえてベージュ系の自然なグラデーションに。

リップを直塗りで唇の中心にひとまわり小さな唇を描くようなイメージで塗り、何もつけていない状態のリップブラシで境目をふわっとぼかして。肌なじみがアップして、もとの唇の色とリップの色の中間くらいの自然なグラデーションがつくれます。

  • 鮮やかな発色とうるおいが続く
    とにかく落ちないマットリップ
    ローラ メルシエ
    ヴェロア エクストリーム マット リップスティック <口紅 ・ リップグロス>
    26 フェム (1.4g)
    3,410 (税込)

口もとのポイントを引き立たせるために、目もとはベージュ系のグラデーションで控え目に。ていねいにグラデーションを作り込むことで手抜きには見えない引き算メイクになります。チークは血色をプラスする程度にふんわりと入れて、肌全体を作りこみすぎないようにするのも、口もとを際立たせるポイント。

  • ビターにもスイートにも
    重ねる順番次第で印象チェンジ
    マキアージュ
    ドラマティックスタイリングアイズ <アイシャドウ>
    BE303 リッチカフェラテ (4g)
    3,080 (税込)
  • さりげなく血色感をプラスする
    絶妙発色のふんわりチーク
    SHISEIDO メーキャップ
    ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ 販売名:SHISEIDO ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ
    <チーク>
    07 Setsuko (5g)
    4,400 (税込)

“7:3のバランス”を意識して、
見せたいところを効果的に際立たせる“足し算&引き算テク”を
覚えて「ここぞ」というときのメイクを思い切り楽しみましょう!

  • Help Me!プロが教えるお悩み相談
    オフィスメイクを5分でお直し!
    12月のアフター7のための
    ちょい盛りメイク

資生堂ホーム > ワタシプラストップ > Beauty Journal > 巻頭特集