美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/06/29

ツヤとテカリの違いって?正しいツヤ肌メイク術で今どき美肌に♪

ツヤとテカリの違いって?正しいツヤ肌メイク術で今どき美肌に♪

ツヤ肌をつくろうとして、パール感のある化粧下地やハイライトを取り入れたけれど、ただのテカリに見える...。それ、ツヤをのせる位置が間違っているせいかもしれません。そこで今回は、ツヤとテカリの違いを徹底解説! 失敗しないツヤ肌メイク術を、資生堂ヘアメイクアップアーティストの中川まどかさんに教えてもらいました♪

今っぽいツヤ肌メイクのポイント

今っぽいツヤ肌メイクのポイント

今シーズンのメイクは「ボリュームアップ」がキーワード! 肌にも計算高くツヤをプラスして、華やかに仕上げるのが旬です。額、鼻筋、目の下、上唇の上、あご先にハイライトをのせ立体感を出すことが、上品なツヤ肌に仕上げるポイント♪

ツヤとテカリの違いって?

ツヤに見えるかとテカリに見えるかは、ツヤを出す位置によって左右されます。正しい位置にツヤを出すことができれば、「ツヤ肌をつくりたかったのにテカリに見える...」という失敗を防ぐことができますよ!
小鼻や額の生え際、鼻と口の間が光っていると皮脂や汗だと思われやすいので、このパーツはマットに仕上げることが大切です。

スキンケアからしっかりと! 今どきツヤ肌メイクHOW TO

1. スキンケア

ツヤ肌をつくる際は、メイク前のスキンケアを念入りに行うことが大切です。保湿に重点をおいて、内側から輝くような肌を目指しましょう。乾燥しがちな人は保湿力の高い化粧水・乳液・クリームを、オイリー肌の人は収れん化粧水・乳液を選ぶなど、自分の肌質に合ったスキンケアを心がけて。そうすることにより、テカリも抑えられますよ。

乾燥しがちな人におすすめ! 保湿力の高いスキンケアはこちら

高保湿でなめらか肌に導く化粧水

コラーゲン・サイエンスに着目し、乾いた肌にたっぷりのうるおいをチャージ。なめらかで均一なハリを与えるため、肌表面の小さな凹凸が目立たなくなり、つるんとした美肌を演出。毎日「つや玉」が輝き続ける肌へと導きます。

化粧水後はこれ1本でOK。便利な朝用乳液

乳液、化粧下地、日焼け止めの3つの効果が1本に! さらに、美容マスクのようなスキンケア効果で夕方までうるおいをキープしたり、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ、美白有効成分m-トラネキサム酸*配合など、多機能なアイテムです。
*トラネキサム酸

日中の紫外線や乾燥などのダメージから肌を守る日中用クリーム

肌に溶け込むようなテクスチャーでなじみ、確かなうるおいで肌を満たす日中用のクリームです。きめを整え肌表面をなめらかにし、美しい肌本来のハリ・ツヤ・透明感を引き出します。

オイリー肌の人におすすめ! テカリを抑えるスキンケアはこちら

ベタつかないのに水分たっぷり。ツヤ感続く化粧水

皮脂と水分のバランスを保つ「スキンバランス処方」で、毛穴やテカリの目立たない肌へと導く化粧水。うるおいたっぷりなのに表面はベタつかないから、暑い季節にも◎。

ベタつきや化粧崩れを防ぐ収れん化粧水

ゆるみがちな毛穴やキメをキュッと引きしめ、うるおいとみずみずしさが持続。朝、化粧水や乳液の後にコットンで肌がひんやりするまでパッティングすれば、ベタつきや化粧崩れを防ぎ、テカリ悩みをケアできます。
※下地効果やプロテクター効果のある乳液を使用する場合は、乳液の前にご使用ください

テカリも毛穴も目立たせない。みずみずしい朝用乳液

おしろい効果でテカリや毛穴をカバー。さらに、皮脂と水分のバランスを整えるから、うるおった透明感のある肌に導きます。ファンデーションのノリやもちを良くする下地効果もあるので、朝の時短メイクにも◎。

2. ベースメイク

下地はパール感のあるタイプのものを、ファンデーションはリキッドタイプを選び、顔全体に塗り広げてツヤを仕込みます。テカリに見えやすい小鼻や額の生え際、鼻と口の間には、重点的にパウダーをオン。こうすることで皮脂を抑えることができるんです。

ベースメイクに使用したアイテムはこちら

ツヤと明るさを出してくれる化粧下地

肌にツヤと明るさを出して、くすみや色ムラをカバーします。ファンデーションの密着度を高めてくれる効果も。

美容液のようになじみ、ほどよいツヤを与えるリキッドファンデーション

みずみずしい素肌感のある肌に仕上げます。美容液のようになめらかに肌になじみ、一日中キレイをキープできますよ♪

微細な粉がテカリをしっかり抑えるルースパウダー

しっとりとした微細なパウダーがテカリをオフ。肌に透明感を与え、キメの整った印象に♪

3. ハイライト

3. ハイライト

ハイライトを指にとり、ポンポンと額、鼻筋、目の下、上唇の上、あご先にのせます。広範囲に塗り込んでしまうとテカリに見えたり、顔が膨張して大きく見えたりするので要注意。

POINT!

点でツヤをのせていくことで立体感がより際立ち、小顔に見せる効果も♪

使用したアイテムはこれ!
ハイライトとしても◎! 内側から輝くようなツヤを演出するチーク

クリームタイプで、今っぽいジューシーなツヤを演出します。今回は「OR381」の右側のカラーを使用しました♪

3. ハイライト

ぱっと明るいツヤ肌の完成♪

正しい位置にツヤがあると生きいきとして見えるだけではなく、小顔見えも叶うんですよ! テクニックいらずで、誰でも今っぽいツヤ肌がつくれるので、ぜひ試してみてくださいね。

photo: 鈴木花美 model:鈴木凪沙

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
中川まどか

中川まどか

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

ファッション・ビューティ誌や、NY・パリ・上海・東京コレクションではヘアメイクを担当。また、シーズンごとのビューティートレンド情報分析を担当しており、トレンド最先端とリアルライフビューティーをつなぐヘアメイクの提案が得意。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > ツヤとテカリの違いって?正しいツヤ肌メイク術で今どき美肌に♪