美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/02/03

乾燥も老け見えも心配なし!マットリップの攻略メイクテク

乾燥も老け見えも心配なし!マットリップの攻略メイクテク

塗るだけでたちまち旬顔にアップデートできる、マットリップ。でも中には「乾燥が気になる」「老け見えしてしまいそうで不安」といった声も...。そこで今回は、マットリップはハードルが高いと感じている人に向けて、マットリップの攻略メイクテクを紹介します!

乾燥しにくいマットリップメイクHOW TO

まずはヘアメイクアップアーティストの福池千鶴さん直伝の、乾燥しにくいマットリップメイクのコツをレクチャー♪

①リップクリームはスキンケアの段階で塗っておく

リップクリームは口紅を塗る直前に塗る人も多いと思いますが、実はメイク前のスキンケアの段階でリップクリームをたっぷり塗っておくことが重要! こうすることでメイクしている間にリップクリームの成分がしっかり行き渡り、唇のコンディションを整えることができるんです。また、唇に余分な油分が残っているとマットな質感がうまく出ないので、マットリップを塗る前には軽くティッシュオフして油分を落ち着かせましょう。

\唇の乾燥を防ぐアイテムはこちら/
ナイトケアにもメイクの下地にも使える、リップトリートメント

内側からふっくらするような、しなやかでうるおいに満ちた唇に。寝る前のトリートメントとしても、口紅の下地としても活躍してくれます。

ふっくら唇へと導く、美容オイル生まれのリップトリートメント

ふっくら美しい唇へと導いてくれる、リップトリートメント。唇にあててくるくるとなじませると、美容オイルがとろけ出し、荒れがちな唇をうるおいで満たします。

②リップブラシを使ってフィット感を高める

マットリップを塗る際は、リップブラシでつけるのが◎。フィット感を高めてくれるので、美しい仕上がりが長時間続きます。また、最後に何もついていないリップブラシで輪郭を軽くなぞるようにすると、アウトラインがくっきりしすぎず、トレンド感のある仕上がりに。

\今回使ったマットリップはこちら/
乾燥を感じさせない、なめらかな塗り心地のマットリップ

パサつきや乾燥を感じさせない、なめらかな塗り心地が魅力のマットリップです。508はブラウン混じりのピンクカラー。上品さと華やかさを両立できます。

>>マットリップの乾燥対策について、もっと詳しく知りたいならこちら

老け見えをカバーするマットリップメイクHOW TO

次は老け見えを回避するメイクテクをご紹介♪ ヘアメイクアップアーティストの伊藤礼さんによると、老け見えをカバーするには顔全体のバランスを整えることが大切なのだそう!

①マットリップを先に塗ってバランスを取る

ベースメイクを7割程度仕上げたら、最初にマットリップを塗るのがコツ。リップメイクは後回しになりがちですが、ポイントとなる唇部分をはじめに塗り、他のパーツをそこに合わせることで、メイク全体のカラーバランスが整いやすくなります。
また、マットリップは唇の内側から外側へとぼかして塗るとカジュアルな印象に。きちんと全体を塗った後に綿棒などで輪郭をぼかすことで老け見えを回避できます。

\今回使ったマットリップはこちら/
ぼかし塗りも簡単にできる、クリーミーなマットリップ

マットリップとは思えない、なめらかな塗り心地の口紅。クリーミーなテクスチャーなので、簡単にぼかして塗ることもできます。524は深みのある赤茶色! リップが主役のメイクにぴったりな色味です。

②アイメイクはツヤっぽく軽やかに

リップにインパクトがあるので、アイシャドウは透け感のある赤みのオレンジベージュなどをアイホール全体と下まぶたに広めに入れ、軽やかに陰影をつける程度にするのがおすすめ。ブラックやダークブラウンなどの色を使うと、メイクが重くなってしまうので要注意です。アイライナーはブラウン、マスカラはブラックを使って、抜け感を出しつつも目力をアップさせましょう。

\今回使ったアイシャドウはこちら/
透け感のあるオレンジカラーが入ったアイシャドウパレット

多彩な質感と色がひとつになったアイシャドウパレットです。左から2番目ののカラーは、パールの透け感が美しいオレンジ色。目元に抜け感を作ってくれます。

③チークで血色感をアップさせる

マットリップが老けて見える大きな原因は血色感のなさ。そのため、チークで血色感を与えることが大切です。自然な血色感と透明感を与えられるくすみピンクのチークをブラシにとり、ほお全体にほんのりと入れることで、リップと相性よくメイクのまとまりがアップします。この時、顔全体が見えるよう鏡から離れて仕上げることがとっても大切です!

\今回使ったチークはこちら/
にじみ出るような自然な血色感を演出するチーク

「ムースのような軽いテクスチャーのチーク。肌に溶け込むようになじみ、内側からにじみ出るような自然な血色感を演出してくれます」

>>マットリップの老け見え対策についてもっと詳しく知りたいならこちら

コツさえ覚えれば怖いものなし! プロの技を参考に、マットリップを楽しんでみてくださいね♪

photo:鈴木花美 model:クレイトン愛、Ena

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
資生堂ヘアメイクアップアーティスト

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

国内外における宣伝や広告、コレクションバックステージなどで日々活動する資生堂アーティスト。
世界中のお客さまを「美」を通じて幸せにするために、資生堂独自の美容価値を創造・発信しています。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 乾燥も老け見えも心配なし!マットリップの攻略メイクテク