美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2019/11/29

赤ちゃんからのスキンケア〜 LESSON4 ママのためのスキンケア 〜

赤ちゃんからのスキンケア〜 LESSON4 ママのためのスキンケア 〜

妊娠・出産は女性にとって大切なライフイベント。この時期にからだは、新たな命を宿すため、育むため、出産するために大きく変化します。それと同時に、「にきびができやすくなった」「シミが目立つようになった」「肌が乾燥しがちになった」など、肌のトラブルに見舞われる方も少なくありません。また、「女性ホルモン」や「ストレス」もその要因と言われています。これらが肌にどう影響を与えるのか、詳しく説明していきます。

女性ホルモンと肌の関係は?

妊娠・出産前後の女性ホルモン量の
変動が肌トラブルの原因に!

月経から次の月経までのサイクルで、女性の体調や肌の状態は周期的に変わっていきます。それは女性ホルモンの分泌量の変動が原因であることがわかっています。

では、妊娠・出産前後の女性ホルモン量はどのように変わるのでしょうか。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が、なんと普段の100~1000倍に増加。しかし、出産後にはその量が急激に減少します。つまり、妊娠・出産前後は女性ホルモン量が著しく変動します。

それが、肌に影響を与え、シミや乾燥などのトラブルにつながってくるのです。

ストレスが溜まると肌はどうなるの?

肌を守る力が弱くなってしまいます

普段の生活でストレスや疲れが溜まったときに「化粧ノリがよくないかも...」と感じたことはありませんか?実は、精神的ストレスが肌へ悪影響を与えることが、資生堂の研究で明らかにされています*。

出産後は、育児や睡眠不足などで疲れがたまったり、イライラしたりすることが多くなりがちです。特にはじめての妊娠・出産となると不安も多く、なおさらストレスを感じやすくなります。

このようなことも原因となり、肌を守る力が弱くなってしまうのです。

* 土屋徹,人間生活工学,2002:3(4):7-11

妊娠・出産前後のスキンケアで心がけることは?

デリケートになりがちな時期です。
自分の肌のケアも忘れずに

1.自分の肌もいたわってあげましょう
出産後は特に赤ちゃんのお世話で、自分のことは後回しになりがちですよね。
外からの影響を受けやすい妊娠・出産前後は、肌にダメージを与える乾燥や紫外線は大敵です。肌を健やかに保つため、しっかり保湿し、日中は特に紫外線対策を意識し、肌を守りましょう。

2.肌に意識を向ける
スキンケアは肌だけでなく、心にもよい影響を与えてくれます。
普段スキンケアをするときから肌にやさしく触れたり、肌のやわらかさを感じるなど、肌に意識を向けることも立派なケア。
そこでゆっくり深呼吸をすれば、肌だけでなく心のコンディションもよくなるはずです。

妊娠・出産前後のストレス解消法は?

悩んだら身近な人に話したり、
リフレッシュをするように心がけましょう

1.考え込まない&ひとりで抱え込まない
妊娠・出産前後に心の状態が不安定になることは自然なことです。赤ちゃんのためについ頑張ってしまうママはみんな、同じような不安や悩みを抱えています。

そんなときは、友達や家族など周囲の信頼できる人に話してみましょう。そして、ひとりで悩みを抱え込まないで、不安や悩みを解消するように心がけましょう。

2.リフレッシュする
出産後はからだも心も疲れ、ストレスが溜まってしまうもの。
自分なりにリフレッシュすることが大切です。

時間を見つけてからだを休めたり、音楽を聴いたり、ストレッチをしてみるなど、うまく気分転換をしましょう。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

話題のキーワード

    ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 赤ちゃんからのスキンケア〜 LESSON4 ママのためのスキンケア 〜