美容の情報

最新トレンドやハウツー記事、お肌のチェックなどキレイに役立つ美容の情報が満載。

2020/02/10

老け見えにオサラバ!「乾燥小ジワ」対策&原因とおすすめスキンケアを徹底解説♪

老け見えにオサラバ!「乾燥小ジワ」対策&原因とおすすめスキンケアを徹底解説♪

気になる目元や口元の小ジワ...。この小ジワ、実は乾燥が大きな原因のひとつなんです。そこで、今回は気になる乾燥小ジワの原因と対策を徹底解説します!

<目次>

乾燥小ジワはなぜできる?

乾燥小ジワはなぜできる?

*肌の断面図(イメージ)

乾燥小ジワは、乾燥によって角層の保水力が低下し肌表面に細かいシワができてしまった肌状態のこと。

角層は、肌の最も外側にあるわずか0.02mmの細胞の重なりで、水分を保つ「保湿機能」、乾燥やアレルギー物質などの外的刺激要因を防ぐ「バリア機能」の働きをしています。

肌は乾燥すると、未熟な角層細胞がどんどん作られることに。未熟な角層細胞は、保湿機能とバリア機能が不十分で、肌の乾燥がますます進み、乾燥スパイラルに陥り、乾燥小ジワの原因に。皮膚が薄く、皮脂の分泌量が少ない目元や口元にできやすい小ジワは、乾燥が原因であるものが多く年代に関わらず20代でもできることがあるんです。

乾燥小ジワを目立たなくするための基本のお手入れ

乾燥小ジワは放っておかず、早めのケアが大切です。気になる場合は、毎日のスキンケアを見直して、いつでもうるおいにあふれたなめらかな肌を目指しましょう!

Point1)洗顔はうるおいを残すふわもこ泡でやさしく!

洗顔はふわもこ泡でやさしく!

汚れをしっかり落とそうと洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、こすったりしてしまうと、必要な油分まで落として乾燥を招いてしまうことも。汚れをきちんと落としつつ、うるおいを残すことができるクレンジング&洗顔料を使って乾燥を防ぎましょう。

また洗い方も要注意。洗顔料はよく泡立てて"ふわもこ泡"を肌の上で転がすようなイメージで洗います。指でこすらず、泡の弾力だけで洗うようなイメージです。特に目まわりは皮膚が薄いのでやさしくいたわりながら行いましょう。すすぎは流水で約1分を目安に、水かぬるま湯でていねいに! すすぎ残しがないか鏡でチェックしながら十分にすすいだら、タオルで顔を軽く押さえて水気を吸い取るようにしましょう。

>>ふわもこ泡洗顔のコツをチェック!

Point2)スキンケアはうるおいを逃がさない徹底保湿を意識して!

徹底保湿で乾燥対策! おすすめ化粧品も紹介♪

乾燥小ジワ対策は毎日の保湿ケアが大切です。「ベタつくから」と乳液を使わなかったり、適量を守らなかったり、うるおいをとどめられないような自己流スキンケアは要注意です。基本のお手入れをまずは徹底させましょう!

※特殊なカメラ(近赤外線カメラ)を使って肌のうるおいをイメージ化

<基本のスキンケア法>

1. まず、適量の化粧水と乳液を、ムラなくすみずみまでていねいになじませます。化粧水は500円硬貨大、乳液は10円硬貨大が適量の目安です。

2. 化粧水・乳液で肌を整えた後、うるおい・美容成分を逃がさないためにクリームで肌をラッピングします。

肌へのなじませには、コットン使用がおすすめ。手使用でも、ていねいにやさしくなじませることを心がければ問題はありませんが、よりムラなくすみずみまでうるおいを行き渡らせたいなら、ぜひコットン使用をお試しあれ。乾燥小じわなど気になる部分には、コットンに化粧水をつけ足してうるおいを重ね付けするとより効果的です。反対にべたつきがちな乳液もコットンを使ってなじませれば、コットンが余分な油分を吸い込んでくれるので不快なべたつきを残さず、快適なお手入れを実現してくれますよ。

乾燥小ジワを目立たなくするためのスペシャルケア

さらに基本のお手入れにプラスして! 3つのポイントを意識するとより効果的ですよ!

Point1)スペシャルケアアイテムを取り入れる

乾燥を繰り返す肌の内部は、どんなに水分を与えてもうるおいを抱えきれない状態に。まずはうるおいを受け入れやすい肌環境に整え、角層深く浸透させることが重要です。おすすめは「ブースター」や「導入美容液」といわれるスペシャルアイテムをプラスすること。洗顔後の素肌をうるおいでほぐせば、化粧水がもっとなじみやすくなります。さらに集中的にうるおい補給したい場合は、美容成分をたっぷり含んだ「シート状マスク」をプラスして。エステに行ったようなしっとり感が手軽に感じられますよ。

\おすすめ/
化粧水が届く肌に整える導入美容液

炭酸配合(発泡剤)のマイクロマッサージ処方を採用したパチパチ泡が肌を心地よく刺激し、化粧水がより届く肌へと導く導入美容液です。洗顔後、手のひらに泡を軽く広げたら、両ほお・額・あごにのばしながら、包み込むように顔全体になじませます。

\おすすめ/
乾燥小ジワを目立たなくしながら美白ケアもできるシート状マスク

有効成分「レチノール*」を含んだシートが目元にぴったりフィット。乾燥による小ジワを目立たなくします。(効能評価試験済み)。さらに美白有効成分 「4MSK**」を配合。みずみずしい明るい目元へ導いてくれるのでWでうれしい!
*レチノール **4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。

Point2)ミストタイプの化粧水でこまめにうるおいを補給する

日中は外気や紫外線、エアコンなど、肌の乾燥を加速させるような外的要因がいっぱい。手軽に肌へ水分補給をできるミストタイプの化粧水を常備して、こまめにうるおい補給して乾燥から肌を守りましょう。

\おすすめ/
【敏感肌でも使える】メイクの上からも保湿できる! 便利な携帯ミスト

肌を守るオイル層とうるおいを与える化粧水層の2層が混ざり合い、みずみずしい肌へ導くミストタイプの化粧水。メイクの上からも使えるので、日中の肌ケアにもおすすめです! 乾燥や激しい皮膚の動きで化粧崩れしやすい目元・口元にもうるおい補給できればファンデーションがピタッとフィットして乾燥小ジワも目立ちません。

Point3)シワ改善する有効成分「純粋レチノール*」配合アイテムを取り入れる

しっかり保湿しても、それでも乾燥小ジワが気になる...!という人におすすめしたいのが、シワ改善できる成分「純粋レチノール」配合のアイテムを取り入れること。「純粋レチノール」は肌みずからがヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで、柔らかな肌へと導き、しわを改善してくれる成分です。アイクリームで習慣的にケアすれば、目元や口元の乾燥小ジワを改善できますよ♪
*レチノール

\おすすめ/
気になるシワ・小ジワを改善するアイクリーム

シワを改善する薬用有効成分「純粋レチノール」を配合。肌みずからがヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで目元や口元のしわを改善します。塗布した瞬間、肌に溶け込むようになじみます。
*販売名:資生堂 レチノバイタル クリームV

メイクで小ジワを消すためには?

小ジワを今すぐ消したい...そんな時は、メイクでカバーしてしまいましょう! ファンデーションで溝を埋めてカバーするのでなく、ファンデーションの光効果で影を飛ばすイメージでメイクするのが小ジワを目立たなくするコツ。また、ファンデーションが粉っぽいと溝に入り悪目立ちしてしまうので、パウダーよりもリキッドで仕上げるのもポイントです。

Point1)光を反射させる下地&ファンデーションをチョイス!

下地はパール感のあるタイプのものを、ファンデーションはクリームもしくはリキッドタイプを選び、顔全体に塗り広げてツヤを仕込みます。ツヤが光を反射させることで、溝の影を飛ばし、小ジワがなかったような肌がつくれます。

\おすすめ/
ツヤと明るさをプラスするパール感のある化粧下地

ファンデが密着し内側から輝くような、うるおい美肌に仕上げます。毛穴や粉っぽさを感じさせない化粧のりを叶えます♪

\おすすめ/
光の効果で小ジワを目立たなくするクリームファンデーション

光を上向きに反射する「レフ板」効果パウダーを配合。小ジワも光で飛ばして、目立たなくしてくれます。

Point2)下地&ファンデーションは厚塗り厳禁!

特にに目元は瞬きや表情の動きによって皮ふの伸縮が激しく、メイクが厚ぼったいとより小ジワが目立ちやすくなるので注意。 まずファンデーションを手のひらに取ったら、指を使って両ほおに少し多めに置き、残りをおでことあご先に置きます。次にスポンジなどを使用して薄く塗り広げます。動きの多い目の周りはよれやすいのでファンデーションをつけ足さず、スポンジについた残りのもので仕上げると◎。小ジワが気になりがちな目の下は、指で軽く皮ふを引き上げ引きながら、シワに沿ってなじませると、肌にピタッとフィットさせつつ薄づきに仕上がりますよ。

ご紹介した方法やアイテムで今日から乾燥小ジワの目立たない、つるんとしたなめらか美肌を目指しましょう♪

[合わせて読みたい記事はコチラ]

>>20代後半から現れる!? ちりめんじわのサイン
>>シワができる原因とは?

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

この記事を読んだ人がチェックしているアイテム
この記事が気に入ったら
シェアしよう
  • FBシェアボタン
  • Twitterシェアボタン
watashi+ 美容の情報編集部

watashi+ 美容の情報編集部

スキンケア&ポイントメイクの基本から、知って得するコスメの使い方、トレンド情報まで、美容で明日のキレイを叶えるサポーターとして、情報をお届けします。

この記事を読んでいる人は これも読んでいます

ホーム > ワタシプラストップ > 美容の情報 > 老け見えにオサラバ!「乾燥小ジワ」対策&原因とおすすめスキンケアを徹底解説♪